マナーを守りましょう|釣りをもっと楽しもう!ジギング船なら各季節で様々な獲物が狙えます

釣りをもっと楽しもう!ジギング船なら各季節で様々な獲物が狙えます

釣りをしている男性の後ろ姿

マナーを守りましょう

釣り竿

釣りは色々な人が様々な楽しみ方ができる王道とも言える趣味です。
だからこそ、みんなが気持ちよく楽しめるようにマナーを守る必要があります。

これは釣りに限らず趣味や遊び、スポーツなどでも当たり前のことです。ただし、釣りや釣り場周辺には独特のマナーもあるので、知らないうちにマナー違反をしていたなんてことにならないように、釣り人のマナーを身に着けておきましょう。

・漁師や漁港関係者に迷惑をかけない
波止場や漁港近くでは漁師さんやその漁港で働く人が大勢います。
そういった場所にある漁の道具を触ったり踏んだりしてはいけません。子供が気の付かない間に触ってしまうこともあるため、危険防止の意味も含めお子様から目を離さないようにしましょう。

大事な仕事道具を興味半分で壊されてしまうこともあるため、過敏になっている方もいるようなので何かあったとしても売り言葉に買い言葉とならないようにしましょう。

・海をキレイに
釣りに行った際に磯や浜辺にあるゴミを見ると悲しくなります。
そしてこういった一部の釣り人の行為であっても、地元の人からすれば釣り人全体のマナーと見られてしまいます。

自分のゴミだけでなく、放置されているゴミも持ち帰るくらいの気持ちを持って頂きたいです。

・必要以上に持って帰らない
釣った魚を美味しく頂く、というのは釣りの楽しみの1つです。
持ち帰ること自体はなんの問題もありません。しかし、持って帰っても食べないような魚はリリースしてあげましょう。

魚の全体量は年々減っているという話もあるので、必要以上に持って帰る、陸に上げたまま放置するといった行為はやめましょう。

他にも釣りや釣り場に関するマナーは色々ありますが、基本的には当たり前のことばかりです。自分が嫌な事は人も嫌なものなんです。

マナーを守ってみんなが楽しく釣りを楽しめる場所をみんなで作っていきましょう。